2024年02月23日

病室は、個室?大部屋?どっちがいいの?私が大部屋を選ぶ理由、私の恐怖体験

こんばんは。
入院時の病室問題?について書いてみたいと思います。

入院されたことがない人には、イメージが湧きにくいかもなぁと思いますが、

入院することになった時、

ナースや入院窓口の人から
「病室の希望はありますか?」と聞かれるんです。

「希望って? どんな希望? 窓側とか? えー??」って感じですが・・・


病状に多少の余裕がある(すぐさま命に関わらないぐらいの状態で)
病室の希望を聞かれるぐらいの状態で、入院する場合は
一般病棟に入院することになると思いますが、

一般病棟には、
・大部屋(今はほとんど4人部屋だと思います。昔は6人部屋とかありました)
・個室(特別室もある)
が、あります。
(*2人部屋や、4人部屋の有料版もあったりします)
D431422F-D640-40E6-AB94-DB7B2AC91D25.jpeg


大きな違いは、

大部屋での治療はたいがい医療費としてみてもらえるので、健康保険・国保などの対象ですが、
個室を希望すると、「差額ベッド代」がかかります。

差額ベッド代は、自己負担です。医療費とは別会計でお支払いせねばなりません。
(差額ベッド代は、民間の医療保険などで保障される場合があると思いますが、公的な保険では対応外になります)


病院や病室によって、この差額ベッド代は金額が大きく異なります。



入院が長期になるとお金の問題も大きいので、

「大部屋の方がいいよね〜」って傾きますが、

お金の問題は一旦置いてみます。




お金の問題なかったら、やっぱり「個室でしょ!」って方もいらっしゃると思うのですが・・・





私が経験した「大部屋と個室のデメリット」を書いてみますね。


大部屋の場合の「私が感じるデメリット」

・同じ部屋のおばあちゃん患者さん達のおしゃべりに付き合わされる(体調悪くて入院してるんやから、寝かせて欲しい)
・同じ部屋おばあちゃん患者さん達は早朝から目覚めて窓を開けたり、騒がしい(熱出てもっと寝ていたいのに、窓開けられて外気に当てられ寝れない)
・エアコンの温度が、自分好みにならない(高熱で悪寒で震えていても、エアコンの温度が変えられない、寒くても我慢)
・毎晩、夜中になると荷物を動かしてガサゴソ音を出す患者さんがいて眠れない

など・・・、

同部屋の他の患者さんとの関係で、我慢が必要になることがあります。眠れないことが多いです。

入院中は、体調が悪いから
他の人にあわすのもツライことは多々あります。


これを聞けば、やっぱり「個室」がいいやん!ってなりますが、



個室の場合「私が経験した恐怖体験」

今の病院は、多くのところが「完全看護」「付き添いNG」がほとんどだと思います。

家族の付き添いNGの状況、つまり患者さんはひとりで闘病です。

想像してみてください。


「高熱でヘロヘロになっている」や、

「腹痛を冷や汗垂らして耐えている」

「骨折して身動きできない」・・・など


入院せねばならないぐらい体調不良なのに

「慣れない病院の個室にひとりぼっち」なんです。

original_e04e0e9b-dd95-41e0-98fb-626458ab6cbd_DSC_0923.JPG


私の恐怖体験は、

持病であるSLE(全身性エリテマトーデス)が発症したとき、

SLEでの初めての入院の時なのですが(当時25歳)



とんでもなくものすごく病状が悪くて、
大部屋が辛くて、個室に変えてもらいました。


それに、病状が悪すぎたので、

特別に母の付き添いが許可してもらえていたのですが

それでも個室で怖い経験をしました。



なんと、

夜中に、

おっさんの患者が、私の個室に入ってこようとするんですーーーっ><(一度だけじゃないし・・・)

めっちゃ怖いでしょーーー

恐怖です><


付き添いの母が気づいて、驚いてドアの前に仁王立ちして、立ち入りを防いでくれましたが

もし、あの時、母が付き添ってなくて私一人だったらと思うと、、、

恐怖でしかありません。



それからも、何度もそのおっさんが入ってきそうになるので、

母だけでは怖いので、父も付き添ってくれるようになりましたが



恐ろしくて、恐ろしくて

私は安心して眠れなくなってしまいました。

病気もさらに悪化した・・・




病棟の師長にその事件を訴えても、

そのおっさん患者は、〇〇機関のえらいさんみたいで

師長は「ゴニョゴニョ・・・」と言葉を濁して逃げていくし、

師長は注意できないみたいなんですよっ(怒)



私と両親はたまりかねて、

何度も病室を変えてもらえるようにお願いして

そのうち別病棟に移動させてもらいましたが、



それ以降の入院では、

付き添いNGの時は、

私は「大部屋」を希望するようになりました。

あの頃のように若くない今でも「大部屋」を希望しています。



「大部屋」のおばあちゃん達がおしゃべり好きでしんどくても、

おっさんが部屋に入ってくるかもしれない恐怖を感じて夜を過ごすことを思えば、

比較になりません。大部屋万歳です!



男性患者さんだって、

見知らぬおばさん患者が、夜中に自分の個室に入ってきたら恐怖でしょ!



病院の個室は、鍵がかけられないので

無防備すぎますっ。



その他、私が感じる個室のデメリットは・・・

・個室は給食が届くのが遅い(早い)場合がある。(<病棟によって違うけど)

・さみしい

・ナースコールを押さないと、気づいてもらいにくい

など、かな〜




それでは、気を取り直して、メリットも書いてみます。

私が考える「大部屋のメリット」は、

・ナースや医師などスタッフの出入りが多いから、質問や用事があるとき声をかけやすい

・気が合う患者さんや同じ病気の患者さんがいたら、情報交換や愚痴の言い合いができる(長年の友になる場合もある)

・寂しくはない



個室のメリットは・・・

・空調が自分の適温に自由に変えられる

・静かに眠れる

・テレビを見るとき、イヤホンなくても良い

など、かな!?と。



どうでしょうか?

みなさんなら、大部屋と個室どちらがお好みですか?




私は、あの事件がトラウマになっているので

やっぱり「大部屋」を選びますが、


私が経験したような危険性も考慮して、

それでも「個室でないと!」って場合もあると思うので

「自分の病気がよくなるために必要な環境」を第一に、

お部屋を考えていただけたらなと思います。




入院中に、どうしても「〇〇で・・・」という理由があれば

ナースや主治医に相談したら、病室を変えてもらえたりするので

我慢せず、

安心して、闘病できるようにしてくださいね。



こんな感じで、個室でも大部屋でも、あれやこれやツライことがあるので、

健康大切、入院せずにいられることがなによりですが、

病気や怪我は

誰にでも、いつやってくるか分からないので、




私の恐ろしい経験が、

皆様の安全な闘病・療養に役立ってくれることを願っています。





私も15歳の時から難病になり、
いろいろと闘病をしてきているので、
他にも病院生活や闘病の話題も、ブログに書いています。

例えば、こちらの
「管理人の闘病関連雑記」>http://asumosmile.seesaa.net/category/24369460-1.html

とか、
 
【連載】難病SLE患者が大腸憩室炎をこじらせた闘病記(4)外科手術の当日
http://asumosmile.seesaa.net/article/499863865.html


また、

私の人生において、最悪最強の命がけの闘病については、 
Amazonの電子書籍になっています!

山中まる著『救命率2%未満』>https://amzn.to/3QHjrib

こんなことがほんまにあるの!と、友人に驚かれるような・・・
ものすごい闘病でした。

生きてることに感謝の毎日です。ぜひ読んでみてね。



posted by アスモスマイル at 20:42| 管理人の闘病関連雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月18日

今日は山焼きがありました!

こんばんは。
伊豆高原にある「大室山(おおむろやま)」で本日、山焼きが行われました〜!
ちょっと見えにくいところからだったのですが、
山が丸焼けになっていく様子は豪快!

大迫力でした!

写真撮ってみましたが、
炎が見えますか?
0611837E-EEC5-46B4-9E26-646577B623BE.jpeg
右下から炎がやってきて、どんどん黒焦げになっていきます。

FB02ABEA-AD42-4F3B-BA2D-4A625E5AAD6F.jpeg
煙もすごい!

CDF23A9E-8CCB-49CB-BDF9-F45C7A6CA057.jpeg
3枚目の写真は、大室山が噴火したみたいに
すごい煙でした。

マスコミのヘリがいくつか飛んでたから、煙に前が見えなくなるんちゃう?とちょっと心配なぐらい。すごい煙・・・

こちら以前のブログの方が写真が上手く撮れているので
ぜひこちらも見てみてね!

伊豆に移住してから、だいたい毎年、山焼きはどこからか見ていると思うのですが、

2年前の山焼きは、私は入院中で
病棟の窓から眺めたんですよね・・・

術後で回復途中だったので、まだマシでしたけど、
家が遠くに感じ、寂しいものでした。


いつもこの季節は、雪が降ったり、強風だったりで、
予定通りに山焼きが行われることは少ないんです。
今年は、1週間延期になっただけで、結構スムーズに開催されました。
2年前の病院で見た年は、なんと3月の半ばにまでズレてしまってたんですよ。


山焼きがある日は、

朝9時すぎに空砲が鳴り、
まず大室山の「お鉢」と言われる 頂上の凹んだ部分を先に焼いてしまうようです。

その空砲が響いたら、
あぁ、今日は「山焼きあるんや〜」ってお知らせのようなもので、
私たちは、正午からの山焼きをどこで見ようか、場所取りを考えたりするのです。



この山焼きが終わると、伊豆に春がやってくると言われています。

今年は、暖かい日が多いので、
もう河津桜も満開だし、ちょっと前から春の訪れを感じています。

とはいえ、今週は長雨予想だし、寒暖差が大きそうなので
体調気をつけねばなぁっと思います。

皆様も、インフル、コロナ、花粉症に・・・と、この時期
くれぐれも注意して
お互い、元気に楽しい春を迎えたいですね♪





posted by アスモスマイル at 22:52| 伊豆の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月16日

伊豆半島は河津桜が満開です!

こんばんは。

今日は採血のために病院に行きましたが、
伊豆の街は、あちこちに河津桜が咲いていて、ピンクになってました!

ちょうど河津桜は満開です〜〜♪
運転してたので(昨年ぐらいから、ペーパードライバーを卒業してるんです♪)
写真が撮れなかったのが悔やまれます・・・涙

今週末は、素晴らしいと思います!伊豆観光をお考えの方はベストタイミングですよ〜

河津桜は、濃いピンク色で豪華です。
ソメイヨシノとは違う魅力がある可愛い桜です。

うーん、いくら文字で書いても河津桜の姿がわからないですよね・・・

写真がないかと探したら
同じように採血のために病院に行った日のブログ記事がありました。
(2016年2月23日の記事)

曇り空だけど、河津桜の写真も載ってます!

こちら>

昨日採血の帰り道、「河津桜(かわづさくら)」が満開になってましたよー!

CIMG4698.JPG
(2016年2月)


8年も前ですが、ほとんど同じように採血のために病院に行き、河津桜を見て感動している私。

成長していないようで、悲しいような、
はたまた
同じことができているという(いま生きてる・いま入院してない)幸せを感じたような


8年前のブログを見つけて、

なんだか、ちょっと微妙な感情が湧いてしまいましたが、

春がやってきたことは嬉しい〜♪(´∀`*)♪



それに、

8年前と違って、今は持病のSLEが落ち着いていて

ステロイドもずいぶん減量できています!

それに、自分で車を運転して通院できてる!

大きな違い、成長がありました。




ステロイドは今、プレドニンが4.5mgなんです。かなり減ってるんです!

プラケニルという2015年ぐらいから日本で使えるようになった免疫調整薬を

私は2017年1月から飲み始めたのですが、

そのプラケニルがものすごく効いてくれて、どんどんSLEが落ち着いてきてくれました。

プラケニルは「効かない」という話もちょくちょく聞くので、効き目に個人差があるようですが
私はよく効いてくれて
本当に、この薬に毎日感謝しています。

もう7年飲んでるんですよね。

今のところ、目立った副作用はなく薬の恩恵だけ受けています。
本当ありがたや〜


プラケニルについては、使用感や効果などのレポートをブログに連載しています。(現在、第19回まで更新中)
もしご興味あったら読んでみてね!

plqillust.png







posted by アスモスマイル at 23:15| 伊豆の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事