2017年02月20日

2月20日「アレルギーの日」☆アレルゲンの英語表記をまとめました

2月20日はアレルギーの日です。

1995年から日本アレルギー協会が、
石坂公成医師が花粉症などアレルギーの原因物質である
IgE抗体(免疫グロブリンE)を発見し
米国のアレルギー学会で発表した2月20日を「アレルギーの日」と制定したそうです。
(発表されたのは1966年2月20日 約50年前)

 共同研究者である妻照子さんと一緒にIgEを発見、取り出すことに成功したそうです!
こちら毎日新聞に詳しく
●関連記事>毎日新聞の記事


今後も研究が進み、
アレルギーの原因解明、
そして治療法、予防法、薬など・・・開発されてほしいですね。切望っ!!



「アレルギーの日」なので、前からまとめたかった
食物アレルギーの原因物質(アレルゲン)の英語表記をまとめました。

海外旅行に行く時に!
外国人のお友達を招くパーティーで!
クラスに外国人の生徒がいる時に! 

・・・など、使えるかも。

ご利用くださいね。


●日本での表示義務対象品目である「特定原材料」(7品目)

 卵   =  Egg
 乳   =  Dairy
 小麦  =  Wheat
 そば  =  Buckwheat
 落花生 =  Peanuts
 えび  =  Shrimp
 かに  =  Crab

・卵、小麦、乳、かに、えび  は、日本でのアレルギー人口が多い
・そば・落花生  は、症状が重篤になる

↑これらの理由で表示義務があります。


enbadge_pen.jpg



●特定原材料に準ずるもの(20品目)
 以下の20品目は、表示義務はないが食品への表示が奨励されているものです。

 あわび  = Abalone
 オレンジ = Orange
 クルミ  = Walnuts
 大豆   = Soy beans
 まつたけ = Matsutake Mushroom
 りんご  = Apple
 ゼラチン = Gelatin
 バナナ  = Banana
 もも   = Peach
 やまいも = Japanese Yam
 牛肉   = Beaf
 豚肉   = Pork
 鶏肉   = Chicken
 さば   = Mackerel
 鮭    = Salmon
 キウイフルーツ= Kiwi fruit
 いか   = Squid
 いくら  = Salmon roe
 ごま   = Sesame
 カシューナッツ= Cashewnut



まずは表示することから、

アレルギー事故を防止しよう!!


食べ物に表示。
そして
アレルギーがある子は、アレルギーがあることを表示。



7daisoyシール5.jpg
こちらのアレルゲンマークのシールは、メニューに貼るにもちょうどいい!
お子様が集まる食事会では、アレルギーの表示をしてあげると助かります。

CIMG4629 (2).JPG
アレルギー表示バッジ



子供たちは、自分がアレルギーで食べられないことを
周りの人、友達に言うことをためらったり、申し訳なく思ったり・・・
伝える勇気がいるのです。

私も子供の頃からアレルギーが多かったので、
その都度、伝えるたびに、引け目を感じることがありました。
「無理して食べちゃおうか」と思ってしまったり、
周りの友達と違う特別扱いしてもらわないといけないことに
「迷惑かけてるかも・・・」と、子供ながらに、複雑な心境になりました。



子供たちがアレルギーを言いやすい環境を周りの大人が作ってあげてほしいです。

「アレルギーはない?」と聞いてくれるだけでも、
子供たちは安心して言いやすくなります。

子供たちが伝えやすくなるように、
また、
周りの大人に気をつけてもらえるように
アレルギーがある子は、アレルギーがあることを表示しておくことも大切です。



アレルギーを完治させるのは、
すぐには難しいかもしれないけど

アレルギーの事故は社会全体で防がないとっ!


食べず嫌いじゃなく、
食物アレルギーは、命に関わる危険がある、とても重要なこと。

アレルギーのない人にも、
アレルギーについて関心を持ってもらいたいです。


小さな子がアレルギーを言いやすくなる環境づくりを大人がしなくてはと思うのです。







<ひとつ前の記事
【在庫状況】〔残りわずか〕英語版アレルギー表示バッジ(入荷予定)


posted by アスモスマイル at 22:48| アレルギー関連+お役立ち情報など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする