2019年03月11日

災害に備えて 薬アレルギーの記録カード(無料ダウンロード)

震災から8年ですね。もしも自分が被災したら・・・と具体的に対策を再確認しておきたいですね。


持病がある人、重度のアレルギーがある人など、


医療を必要とする人は、


災害時の混乱で必要な医療や食料が手に入らない恐れがあるので、


平時から自分でできる備えをしないといけないですよね。


持病があると不安は大きいですが、備えをすることで「備えあれば憂い無し」です!



自分で考えられることをできるだけ実行して備えておけば


いざと言うとき身を守ってくれると思います!!




私は、薬アレルギーが多いので、

薬アレルギーで飲めない薬と、反対に使えた薬・飲める薬を一覧にして持っておこうと思います。


お薬アレルギーの記録カードを作りました。


【2種類】

・アレルギーで飲めない薬(NG)カード

・飲めた薬・使えた薬(OK)カード



こちらのページから無料ダウンロードしていただけます。


お薬記録カード(NG).jpg


記録カードは、↓こちらの「わたし医療情報ノート」のアレルギー欄にちょうど合う

サイズとレイアウトにしています。もちろん記録カード単独でも使えます!

wijnote_mmred.jpg








アレルギーの多い方は、アレルギーや副作用で飲めない薬の情報もとても大切ですが、


反対に、「飲める薬・使える薬」の情報もとっても大切です!



この薬アレルギーの記録カードは、


飲めない薬(NG)版と、飲める薬(OK)版の2種類ありますので、


両方書いて持っておかれると良いと思います。


昔の事も振り返って、思い出すかぎり、アレルギーで飲めない薬、 そして 飲めた薬を

書き出して記録しておきましょう!


お薬手帳はここ数ヶ月〜数年間の 「新しい記録」なので、古い情報には対応できないことがあります。

お薬手帳に加えてこの記録カードも使って下さいね。

(わたし医療情報ノートも一緒に持っておいてほしいです)






みなさまも薬の情報をまとめて書いておきましょう!避難リュックに入れて!いつも携帯して!



わたし医療情報ノートのアレルギー欄に書ききれない方も


このカードを印刷してノートに貼るのにもちょうど良いサイズにしています!ぜひご利用くださいね。




note_naka.jpg





また、


避難所や知らない病院でも、ちゃんと持病や薬のことを伝えられるように、


わたし医療情報ノートやまもるカードも内容を1年に1度ぐらいの頻度で、最新情報に書き換えています。



皆さまも情報が古くなっていないか定期的にチェックしてくださいね!



CIMG4759.JPG

災害は外出時など、どこでいつおきるかわからないので、

持病の薬を、まもるカード(救急医療情報を書いたカード)のビニールケースに入れていつも外出時は持っています。








●関連記事>

「飲んでいる薬」そして「飲めない薬」も、再度確認しておきましょう!













<ひとつ前の記事





posted by アスモスマイル at 21:07| 防災関連の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする