2020年04月28日

はじめての「電話診察」!

先日は「あんがいあっさりと電話診療に予約変更できた!」と、予約段階でのお話だったので

その続きです。




その後、実際に電話診察してもらいました!




ちょっと前置きで、


私の持病である全身性エリテマトーデス(SLE)の活動性を診るためには、

抗DNA抗体という抗体検査が必要なのですが、

それは、病院内では検査ができないので

通院している病院で採血してもらい、その血液を病院外の検査機関に送って検査してもらいます。



検査自体も時間がかかるのかもしれないですが、

病院外の検査機関に運ぶ時間などを入れると、


採血してから結果がわかるまで約1週間ほどかかるのです。




だから、

診察のときには、毎回1週間前に採血にだけ病院へ行って、血を採り、

その後、検査結果を踏まえて、主治医に診察してもらうという形をとっています。




同じ病気の人でも、そのやり方じゃなくて

診察日と採血日を一緒にしている患者さんもおられると思います。



私も、以前はそうだったのですが、

急激に悪化したことがあって、怖いので最新の体調がわかるように

面倒だけど診察日の1週間前に採血だけ行くようにしています。




なので、

今回も採血だけささっと病院へ行ってきて

電話予約の日を待ちました。


と、前置き終わって・・・

ここから本題へ


notehp.jpg




いよいよ電話診察です。

予約した時間に、

家から病院の予約センターへ電話して

「○○先生の電話予約をした患者です」と、話し、

診察券番号を伝えると、

「では、○○先生におつなぎしますね」と。



保留音がしばらく流れます。

2分ぐらい待ったら、
(病院に来ている外来患者さん達の診察の間に、
スッと電話を入れてくれるのでそのタイミングまで待ちます。
私の時はタイミング良かったのか、2分ほどで済みました)




主治医が電話に出てくれて

「検査結果はねー、別に変わりないねー、えーっと、薬はねー」という感じで、


電話診察に変更してもらったことの理由を言わなきゃいけないな、

先生に相談せずに勝手に電話予約に変えたから先生機嫌悪いかなぁ、とか

身構えて、電話機を握っていたのですが、

主治医は、何事もなかったように、いや、当然のように、

いつもと変わりませんでした。

電話診察については何も言われず、でした。



診察自体は、主治医に聞いておきたいことを聞き、

私が難聴なので、電話は聞き取りづらく、

何度も聞き返したり、集中せねばならずしんどいことはしんどかったですが、

いつもの先生なので、

だいたい言われることも予想がつくので、きっと間違いなく聞き取れていたと思います。



そして、次回も採血だけいつものように1週間前にとっておけば、主治医が事前にデータをみておいてくれるので

大きな変化がなければ、次回も電話診察でOK!とのことでした(*^O^*)ヤッター




【我が病院の場合の電話診察は・・・】

・基本的に電話診察は「前回と同じ処方箋を出すだけ」の診察らしい 
  ※主治医の判断で薬は変更できる

・検査データ  いつもプリントくれるのでFAXを送ってくれますか?と尋ねたら、FAX不可でした(残念)

・処方箋  かかりつけ薬局に病院から処方箋をFAX送信してくれる

・病院の次回の予約票  処方箋と同時に、かかりつけ薬局にFAX送信

・会計 次回病院に行った時に、まとめて精算

・薬 <・・・これが、私の今のかかりつけ薬局は、とっても素敵なのです!!!



と、言うわけで、長くなってしまったので、

次回は、

「かかりつけ薬局」のお話〜電話診察編〜を書きたいと思います。



はじめての電話診察はこんな感じでした!

病院によってやり方が異なると思いますので、皆さんの病院とは違うかもしれませんが、

「電話診療」やってみたい!って方は、

思い切って、かかりつけの病院に相談してみてはいかがでしょうか。

みんなが少しでも安心して、感染リスクを避けて

受診できるようになったらいいですね。


そのためにも、

新型コロナにかからない!ための感染予防をしっかりと!

そして、持病が悪化しないように

体調に注意して過ごしましょうねー!!









<ひとつ前の記事

posted by アスモスマイル at 23:24| 管理人の闘病関連雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする