2022年08月07日

本日術後5ヶ月!もうすっかり元気になりそうなのに・・・、激痛で

8月7日、本日で大腸憩室炎の2回目の手術から
ちょうど5ヶ月が経ちました。

本当ならすっきり元気になってそうなのに……

術後から激痛が頻発するから、後遺症かと思って我慢していたら、

つい先日CTで、総胆管結石が見つかり

はよ治療せなあかんとのこと。

入院が近づいています。またやぁ(涙)

とはいえ、コロナ猛威で、簡単には入院もできません。

治療してもらえる日まで、
危険なことになりませんよう、気をつけて過ごしたいと思います。

総胆管結石は、私の場合、胆嚢に以前から胆石があるので、それが落ちてきたのでは・・・と言われています。



そして脂質をとると、

胆嚢が大きく収縮して、胆石が詰まったりして激痛になるので

脂質を控えるように!とのこと(医師から言われました。)


あと、「卵も食べないように」だって。




脂質を極力控えて、過ごしています。

今年は「土用の丑の日」は無視、無視・・・

見ない、聞かない、食べない。


うなぎって脂質多いんですよね。




おいしいものは、脂質、糖質、塩分が多いので、誘惑に負けないようにしないと。

と、いっても、

あんなあんな激痛がくるかも・・・と思ったら、ぜんぜん食べたくありませーん。


脂質め、あっちいけー



posted by アスモスマイル at 22:12| 管理人の闘病関連雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月29日

手術から3週間。謎の激痛に苦しみつつ、桜の季節に別れあり

昨日で手術から3週間が過ぎました。
経過順調とはいかず、
謎の激痛に襲われ、またもや救急車のお世話になりそうでした。

痛み止めのカロナールが効いてくれて、春の嵐の中を病院まで運ばれることにならず、すみましたが、、
あの息もできなくなるような激痛、、、
あぁ、怖いです。


昨日は外科外来日だったので、
事前に電話して症状を伝えていたので、主治医にしっかり診察検査してもらえました。

詳しく検査しても、わかりやすい異常はなく、激痛の原因は不明のままですが、それでも大きな異常ないとわかり、とりあえずはひと安心です。

昨日から痛みも軽くなって来てるので、日にち薬かなぁ、、、と、
おおらかな気もちで
様子を見ることにします。

HORIZON_0001_BURST20220328181737585_COVER-4c768.JPG
桜も満開🌸🌸🌸
病院帰りに撮った伊豆高原のソメイヨシノです。
桜はやっぱり美しいですねー


桜の季節は、別れもあります。
外科の主治医、私の悪い腸を切ってくれて助けてくれた先生は、千葉の病院へと帰ってしまうらしいです。

よその病院の先生だとは知らず、いままで治療してもらっていましたが、昨日の診察で聞いたところでは、半年だけの助っ人のような外科医だったようでした。

私が緊急入院した頃にやってきて、1回目の手術してくれて、2回目の手術もその主治医が帰る前にやり終えてくれた感じです。

ありがたいご縁でした。
命を助けていただきました。心から感謝です。

傷口のカサブタも、ちょうど今日全部はがれ落ちました。

主治医に会えなくなるのはとっても寂しくなりますが、外科とは長い付き合いはなるべくしたくないものです。
別れはつきものです・・・


私の体調が良ければ、
昨日で外科を卒業できたのですが、、、


来週も引き続き外科外来があります。。。

次ぐらいで、卒業できたらいいんだけどなぁ


DSC_0569.JPG
こちらは、病院の駐車場にある早咲きの桜🌸ピンクが濃くてかわいいです。





=====【小説化!なりました】============================

ブログ管理人の闘病記をもとに、このたび2022年3月に小説化されました!
このブログでの「【連載】まさか・・・【高度救命救急センターの中】」で書いている闘病時のことです。
第1巻では、ブログに掲載しているところの少し前の話から始まります。

奇跡的な闘病を書き残しておきたい、書き残さねば!と、熱がある日も、体調が悪い日も、少しずつ書いていた闘病記がもとになっています。
ぜひ読んでいただきたいです! どうぞよろしくお願いします。

山中まる著『救命率2%未満ーまさか、私がこんなことになるなんてー』
第1巻東山病院
https://www.amazon.co.jp/dp/B09W2HKJYM?ref_=pe_3052080_397670860
===============================================


posted by アスモスマイル at 22:39| 管理人の闘病関連雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月23日

貧血治療のシロップ薬「インクレミンシロップ」飲んで効いてきました

DSC_0430.JPG

貧血の治療に近頃シロップ薬を飲んでいます。このシロップは小児用らしいです。
ガラス瓶の薬って珍しいような、懐かしいような・・・

なぜ小児用の鉄剤を飲んでいるかと言いますと、
いままでは貧血の薬(鉄剤)を飲むと、お腹を壊すのと、
以前、薬剤性の劇症肝炎になった時に鉄剤も飲んでいたので劇症肝炎の原因の1つかもしれないということで、
なかなか飲みにくくて
貧血の治療がままならなかったのですが、



ヘモグロビン7台になってしまい回復しないので、
膠原病内科の主治医がこのままでは心臓に負担が来ると心配し、
調べてくれて子供の貧血治療に使うこのシロップ薬を試してみることになりました。

シロップの良い点は、とても少ない量から試せること・
量の微調整がしやすいのです。
それで、飲み始めてうまく効いてきてくれました!


前回(昨年10月)の手術で、腸の悪い部分を取ってしまったことも幸いしているのかもと。
鉄剤シロップを飲んでお腹を壊すことはいまのところありません。


1日に5mgほど飲んでいますが、(子供でも15mgらしいです)
少ない薬でもじわじわ効いてくれて、今はヘモグロビン9台まで回復。
次の手術までにあと9台後半まで回復してほしいな〜


鉄剤が飲みにくい患者さんは多いようです。
胃腸症状が出る人が多いんだって。

以前には、粉薬も少しずつ試してみたのですが、
その時もお腹を壊したので、
今回のシロップの方が飲み続けられています。

鉄剤でお困りの方は、主治医にシロップの事も聞いてみられてはどうかな!?と思いました。
鉄剤も種類がいろいろあるので、医師としっかり相談してみると良いと思います。

「ヘム鉄」などのサプリメントも買ってみたものの、
私は薬アレルギーがあるので、新しい薬は、サプリメントと言っても、怖くて・・・

買っただけでまだ開封せず保管しています。

ひそかにサプリメントなどに挑戦するよりは、
主治医に相談をおすすめします。



さて、
ということで、私は、次回の手術が近づいてきました(怖い・・・)
この手術が成功すれば、一段落。

元気回復できると思います(*^O^*)
そう願って頑張るっ!


それで、ネットショップを3月5日より一時お休みさせて頂きます。

3月4日までは発送頑張りますが、2月27日までのご注文分で締め切らせて頂きたく思います。
2月28日以降のご注文は、退院後の3月下旬頃より発送開始したいと考えています。
ショップに詳しいお知らせを書いていますので、ぜひご確認くださいね。
新学期を前に、お急ぎの場合は
ぜひ2月27日までにご注文お願いいたします。



こちらも貧血の記事です。

以前に書いた貧血の記事(錠剤の時)鉄剤を飲み始めた その後と効果



posted by アスモスマイル at 17:29| 管理人の闘病関連雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事