2019年08月23日

アレルギー表示キーホルダーのウラ面シール、マスキングテープを使った目隠し方法!

アレルギー表示キーホルダーやエピペン表示キーホルダーのウラ面には、

おなまえ、緊急連絡先、アレルゲン、エピペンの有無などが書けるシールがついています。


ウラ面シールには3種類あるのですが、

写真は基本のPタイプ(エピペン記入欄あり)です。





それで、

お子様の通園・通学時に、お名前や電話番号とか、

簡単に見えてしまうのがちょっとイヤだなぁ・・・

という時には、



お手持ちのマスキングテープで簡単に目隠しができますヨ!




以前にお客さまがマスキングテープをウラ面シールに貼っておられる写真を拝見したので


ぜひ、ご紹介させていただきます!


IMG_20190821_142025.jpg








1.油性ペンで書く


2.文字を十分乾かしてから、マステで目隠し


3.もしもの時はマステをはがして連絡を!


●誰にでも緊急連絡先がわかるように、「緊急」の文字は隠さないようにしましょう


IMG_20190821_143650.jpg


マステの端2〜3mmを、折り返してから貼ると、


はがしやすいので、もしもの緊急時には、


電話番号もすぐに見られます。




IMG_20190821_143441.jpg


細いタイプのマステなら、そのままで、隠したい欄にちょうど良いサイズです。

文字が透けるのがイヤだなぁと思うときは、

マステを二重に貼ると隠れますヨ!






普通サイズのマステなら、幅の中央で切ると、ちょうどよい幅になります。

真っ黒なマステも販売されていますので、これなら、文字がしっかり隠れます。



IMG_20190821_144210.jpg



このウラ面シールをアレルギー表示キーホルダーのウラ面に貼れば、


もしもの時には、

簡単にはがせるので、緊急連絡先など必要な情報がわかり安心です。






rankey.jpg





毎日、安心に元気に過ごしてくださいね♪







アレルギー表示キーホルダー>http://asumosmile.ocnk.net/product/21



エピペン表示キーホルダー>http://asumosmile.ocnk.net/product/79













<ひとつ前の記事

posted by アスモスマイル at 18:58| アレルギー関連+お役立ち情報など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

たこアレルギーの私の「たこ焼き」の話

懐かしいこと思い出したので、ちょっと書いてみます。

私は小さな頃から甲殻類(エビ、カニ、貝・・・)などにも食物アレルギーがあるのですが

「たこ」も少し食べるだけでイジイジ、かゆくなって、気分悪くなって、、、という感じでダメでした。




そんな私は、大阪生まれ。


「たこ焼き」屋さんが、お祭りの時や、また繁華街・行楽地に行くと、

店舗や出店(屋台)などあちこちにありました。





たこ焼き屋さんのおいしいソースの香りが漂ってくると


小さな頃の私は 「(たべたい・・・)」


「たこ焼き食べたい〜っ」と、小さな私が言うと、

(若かった頃の)うちのお父さんが、



たこ焼き屋さんにつかつか歩み寄って

「おにいちゃん、(<たこ焼き屋さんはちょっとヤンキーちっくなお兄さんがやってることが多い)

たこ抜きのたこ焼きできる?」


って、


すると、たこ焼き屋さんは、

「え、たこ無しでええん?ちょっと時間かかるけど待ってくれたらできるで! 」と、にこにこ。



「悪いけど、作ってやー」と、お父さん。


作り置きしている(たこ入りの)たこ焼きは、置いといて


一から生地を流してたこ無しのたこ焼きを、お兄さんは作ってくれました。





小さな私は、(たこ無し)たこ焼きが、くるくる上手に丸まって行く様子を

お父さんに抱っこか、抱えてもらってか、肩車だったか、忘れちゃったけど

じーーーーっと楽しく見つめて

わくわくしてました。





「おじょうちゃん、たこ嫌いなんか?マヨネーズはええか?かつお節は?」

とか、ヤンキーちっくなちょっと怖い見た目のたこ焼き屋さんは、

優しく私にちょっとだけ話かけてくれながら、焼いてくれました。





焼き上がった粉だけのまん丸いたこ焼きに、


ソースがジュワーっとかかって

香ばしい香りがして、マヨネーズをべちゃ〜っと付けて、青のりぱっぱ、かつお節がふわふわと・・・

出来上がったたこ無したこ焼きを、舟形の入れ物にいれて渡してくれて




熱々やから、お父さんが、爪楊枝でちいさく分けてフーフーしながら私にくれました。


たこ入ってないから、分けても何にも出てこない(笑)



でも、めちゃめちゃおいしいかったです♪



小さい頃は、小学校の高学年ぐらいまでは、

どこかでたこ焼き屋さんを見つけると、

そうやって、たこ抜きのたこ焼きをお願いして作ってもらっていました。



どこのたこ焼き屋さんもいやな顔されたことはなかったです。


小さいながらに、私は「わざわざ作ってもらって、お手間おかけしてすみません」的な気持ちでいたのですが

大人になって思えば、

たこが一番原価が高いので、たこ無しのたこ焼きが同じ価格で売れれば


ま、たこ焼き屋さんは、「にこにこ」なわけですね。






大人になっても、たこは食べられないのですが、

小さな頃と違って、たこエキスが付いてるぐらいでは

たいしたアレルギー症状がでないので(ちょっとはありますが)



たこ焼き食べる時は、そのまま買って、

中身のたこだけ先に全部とりだして、その場に一緒にいる人(私のつれ)にあげて

外だけ食べます。


または、たこじゃない具のたこ焼き!?を選びます。

チーズ入りとか。






ちなみに、

大阪人は、各家庭にかならず「たこ焼き器」があるという伝説がありますが、


我が家には、ないですよ。


一度も家でたこ焼きを作ったことないんです。。。


楽しそうだけど、家ではやったことないな〜









なんか、ふと小さな頃のことを思いました。


あれは、ゴールデンウィークの行楽地でのことだったのかも。





私のアレルギーの為に、


ちょっと怖そうなたこ焼き屋さんに

「たこ抜きのたこ焼き作って!」と

ハッキリ言ってくれるお父さんの姿にも

ちょっと頼もしさを感じたように思います。





小さな頃のことも、結構鮮明に覚えているものですよね。




アレルギーっ子や、持病がある子たちの記憶も、

いやな思い出じゃ無くて、


良かったぁ、楽しい、おいしかった〜、優しくしてもらえた〜とか、

ちょっと気持ちがほっこりするような思い出が


いっぱいできるといいなぁと思います。










<ひとつ前の記事



posted by アスモスマイル at 15:55| アレルギー関連+お役立ち情報など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

新登場!ちいちゃめバッジのロゼットタイプ♪

アレルギー表示バッジのちいちゃめバッジにロゼットタイプが加わりました(*^O^*)


LS.jpg


ロゼット作家のCHIKAさんが丁寧にかわいく仕上げて下さいました。

今までのバッジより小さいサイズです。



L3.jpg



バッグにつけても素敵ですね♪ 


アレルギーがあることを周りの人にお伝えするためのバッジです。

目立つ表示をつけて、誤食を防いでっ!





ロゼットタイプ>http://asumosmile.ocnk.net/product/105


通常タイプのちいちゃめバッジはこちら>http://asumosmile.ocnk.net/product/29



tibmini.jpg



アレルギー表示シリーズはこちらに>http://asumosmile.ocnk.net/product-group/8










<ひとつ前の記事

posted by アスモスマイル at 20:37| アレルギー関連+お役立ち情報など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする